製品の分類
設備紹介
R&D と製造
About KTK
昆山聯華プラスチック五金有限責任会社(中国語省略:聯華、英語省略:KTK)は1993年に創立した。)これはブロー成型品の設計、製造及び営業などともある国際化な会社である。
登録資本は625万ドルで、総投資したお金は8000万元である。工場の面積は28000平方メートルである。社員数は今300人があり、その中、技術員は60人がある。昆山、台湾及びアメリカに研発とセールスのプログルプがあり、営業範囲は全世界での30あまりの国にある。
KTKはブロー成型に20年あまりの経験があり、各業種のお客様の要求によって、一番適当な提案を提供できる。例えば、OEMとODM。簡単な単部品から複雑な完成品の設計まで、検証から生産まで、組み立て、包装及び出荷など、できるだけお客様の多様な要求に満足させる。
KTKの主な製品は車用部品、プラスチックケース、医療用部品、子供用車安全席、フロート港町、保温クラーボックス及び室内と室外用折り畳み家具など。

1993年:昆山聯華プラスチック五金有限責任会社の営業許可証をとり、第一期工場を建てし始めた。
1994年:製品の試作成功、正式に量産始めた。
1998年:MRP IIシステム管理を全面的に実施した。
2002年:C.Q.Cに合格し、ISO-9001(2000版の認証を取った。
2004年:ISO-14001:1996版を推進し、C.Q.Cの認証を取った。
2005年:ERPシステム管理制度を実施した。
2007年:本田Sun visor、福特水タンク、豊田エアクラーパイプ、福建戴姆勒の水タンクの総構成、豊田のエンジンかぶる板などを出荷し始めた。
2011年:TS16949質量の認証を取った。
2014年:新しい現代化の工場を投入し使用してきた。

取った認証:
①TS16949
②ISO9001
③ISO14001
④CCC国の強制的な製品の認証
⑤QS食品安全許可証
⑥安全生産標準化の認証
⑦お客様第三者(社会責任+質量システム+反テロリズム安全システム)審議認可
四つの質量管理システム、一つの環境管理システム、一つの安全生産標準化システム。
今は九家の欧米お客様の合格のサプライヤである。第三者の社会責任、質量システム、反テロリズム安全システムの審議に通過する。

会社創立したから、毎年総売り上げ高の1%を情報管理システムの建設に使いさせてきた。MRP,MRRⅡ、易飛ERP、TOP GPからDigiwin flagship ERPシステムまで、投資規模でも、情報化管理システムの昇級でも、聯華の全部IT情報化建設に高い重視を展示する。
IT建設の上で、聯華はHua Weiの製品を使う。三層の標準インターネット構成、二つの百兆外インターネットの光ファイバーなどの建設理念、インターネットの高速運行することを保障する。安全の上で、高級防火壁があり、インターネットする時の行為管理、メールの管理、検査システム、Access Gateway、レーザーディスク保存システム、虚構化、バックアップの回復、インターネット監視システム、機関室の環境観測システム、高級アンチウイルスソフトなどのハードウエアがある。これらはサーバーのゼロダンウンと資料漏れないことを保障できる。